怖ーい多重債務にならないために

カードローンやキャッシングは誰でも利用できるため、非常に便利なローンだと言えます。しかし利便性が高く便利という反面、使いすぎてしまい返済に困っていると言う人も後を絶たないと言われています。特に問題となっているのが多重債務者と呼ばれる人たちで、数社から借り入れを繰り返してしまい結果的にどこにも返済が出来なくなってしまうと言う状態のことを指します。

 

多重債務に陥る典型的なパターンが、これくらいなら大丈夫だろうという軽い気持ちでどんどんカードローンやキャッシングを利用してしまうパターンです。気が付けばかなりの額を利用してしまい、返済が出来ないため他の消費者金融などで新しいカードローンの契約を行い、そちらで借りたお金で返済をする。

 

しかしそうなると新たに借りた業者の返済が出来ないため、また新しくカードローンを作り返済する、この繰り返しで多重債務となってしまうわけです。

 

返済すれば枠が少しだけ空くため、その枠をまた借りて他の返済に回す、すると返済した業者の枠がまた空くため、それを利用して他の業者へ返すといった具合に、この状態に陥るといつまでたってもどの業者の元本は全く減らず、支払いを続けざる負えない状態になっていきます。もちろん金利は少しずつ増えていきますから、結果手金い支払いが出来ないという所まで追い込まれてしまう場合がほとんどでしょう。

 

このような状態にならないためには、幾ら便利だからと言っても使いすぎないようにすることが必要不可欠だと言えます。計画性無く借りてしまうといつの間にか借入額が大きく膨らんでいると言うことになりますから、必要な金額だけ借りて、返済計画をしっかり立てて返済をしていくと言うことが重要になります。

 

返済が長引けばそれだけ金利の支払いも増えてしまいますから、出来るだけ早く返済を終えることも大切でしょう。

 

もちろん生活に支障が出る様な返済計画は全く意味が無いので、出来る範囲で返済を行なえば良いと思います。一番大事なことは、必要ないなら借りないこと、それに尽きるのではないでしょうか。