信用情報って一体なに?

消費者金融のカードローンに申込むと必ず審査を受けることになりますが、その審査の時の重要な判断材料になるのが「信用情報」です。信用情報というのはその名の通り、利用者の信用面における情報ということであり、利用者の個人情報や借入履歴など、消費者金融にとっては利用者と信用取引をする上で必要不可欠な情報と言えます。

 

信用情報には主に3つあり、申込書に記載する生年月日や年収、住所、勤務先、電話番号、家族構成などの「属性情報」、契約の種類や利用限度額、借入額、返済額、引き落とし口座などの「契約情報」、借入残高、返済状況などの「取引情報」です。

 

そして、消費者金融が得た情報や行った取引の記録などの信用情報を一元的に管理しているのが「指定信用情報機関」です。指定信用情報機関というのは、貸金業法による総量規制が実施されたことに伴い、信用情報の適切な管理と貸金業者間における信用情報の共有を目的として設立された機関のことです。

 

総量規制を徹底させるために、消費者金融は利用者から借入の申込を受けた際には必ず指定信用情報機関から利用者の信用情報を照会することが義務付けられており、それによって、年収制限額以上の貸出や返済不能者への貸出が防止できるようになっています。

 

実は、信用情報機関というのは過去にも存在していましたが、業者の加盟が任意になっていたり、信用情報機関同士での情報の交流が無かったりしたために、利用者の信用情報が消費者金融の間で把握でき得ていない面が多々ありました。

 

しかし現在では、指定信用情報機関制度によってすべての貸金業者の指定信用情報機関への加盟が義務化され、すべての利用者の借入記録が指定信用情報機関に登録されるシステムになり、また、指定信用情報機関同士による定期的な信用情報の交流が図られています。

 

ちなみに、利用者におけるブラックリストや、カードの紛失記録などの情報は、銀行の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターにも流されています。