キャッシングの利用目的について

カードローンやキャッシングを利用する場合、使用用途は何に使っても良いものなのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。通常、ローンというものは車を購入するためには車専用のローン、家を買うためなら住宅ローンというように、使用する用途が決められたものがほとんどです。

 

クレジットカードを利用して商品を購入した場合でも、その商品を買うためにしかカードのローンは利用できません。もし違うものを購入してローンが組めるのであれば嘘のローンが組み放題になってしまいますから原則としてローンを利用する場合は使用目的以外には利用できない仕組みになっています。

 

しかしカードローンやキャッシングのようなフリーローンと呼ばれる商品は、基本的に使用用途を特定する必要がありません。借りたお金は自由に何に使っても良い著言うのがフリーローンの特徴だと言えます。

 

申し込みに際にも特に何に使うか聞かれることはありませんが、金融業者の中には使用目的を聞いてくる業者もあります。銀行系のカードローンなどは一応使用目的を簡単に聞くことが多いようです。

 

何に使っても良いフリーローンですが、明らかに犯罪目的で利用する恐れがある場合や、今からパチンコに行くからお金を貸してほしいと言った理由の場合には、金融業者の判断で利用出来ない可能性もあります。

 

それと他社の借り入れがあり、それを支払うためにお金を貸してほしいといった理由の場合には、基本的に申し込みを拒否されてしまう可能性があります。他社への返済のために利用することは、借り換えと同じ行為となるため、金融業者側は借り換えローンを勧めてくる可能性が極めた高いからです。

 

基本的に借り換え目的での利用は出来ない仕組みとなっていますし、他社への支払いのために借りるのであれば借り換えローンを利用したほうが金利も安くなるため、わざわざフリーローンを利用する必要もありません。

 

何にでも利用できますが、一般常識と照らし合わせたうえで利用する必要があるでしょう。