家族とかにバレずにお金を借りる方法

欲しいものはすぐに手に入れたいし、色んな場所に旅行に出かけたいと思っても、派遣社員やフリーターの方の場合は、正社員と同じ時間働いていたとしても、給料が低いので、そこまで自由にお金を使うことは出来ないかも知れませんね。

 

ですがどうしてもお金が必要になることもあるでしょうから、そんなときにはキャッシングを利用するようにしましょう。

 

キャッシングの最高限度額は会社によって違いますが、数百万円ものお金を借りられるところも多いので、それだけあれば大抵の商品は買えますし、どこにだって旅行に行けるので、気軽に試してみることをおすすめします。

 

 

電話やインターネットでキャッシングを申し込む際は、職場への在籍確認をするところも珍しくありません。
キャッシングは安定した収入のない人は利用出来ないので、職場への在籍確認を行うことで調べるわけですが、中にはこれが嫌なので申し込めないという方もあるようです。

 

実際の電話はローン会社名ではなく、個人名で行われるため、電話に出た人にキャッシングの確認だと気付かれる心配はないのですが、それでも職場にはかけて欲しくないと思う方もあるでしょう。

 

そんな方は在籍確認不要で利用できる会社にキャッシングを申し込めば、そんな心配をしなくても済みます。インターネットで探せば簡単に見つけられますから、職場の同僚に気付かれることなく、安心して借りたい方は、パソコンやスマホで探してみると良いでしょう。

 

また会社はもちろん、家族にもばれずに借りたいと思う方も多いでしょうが、最近はWEB完結で契約できるところが多いので、来店不要で利用出来ますし、お店に入るところを家族にも近所の人にも見られなくて済みます。

 

↓時代の最先端!スマホ対応のキャッシング

スマホでも借りれるキャッシング一覧

 

契約書類や利用明細書のようなものが送られてくることもないですし、カード不要で利用できる会社なら、カードも送られてこないので、そんな会社を選べば、キャッシングを利用していることを家族に知られる心配はないでしょう。

最近、消費者金融や銀行カードローンが特に力を入れているサービスは、ネットキャッシングと言っても過言ではありません。

 

ネットキャッシングは、文字通りインターネット上で借入・返済手続きができ、24時間365日何時でも利用できるのが強みで、金銭面に不安を抱える人達の心強い味方にもなっているサービスです。

 

ネットキャッシングの申し込みは、借入を希望する金融機関や貸金業者のホームページから直接申し込めるようになっています。そして申込みフォームに個人情報を記入してデータ送信したら、約30分〜1時間以内に申込み内容の確認のため、融資受付担当の社員から電話連絡が入る流れになります。

 

キャッシングが可能か審査結果が出る所要時間は会社によって違いますが、早い所では約30分、遅くても2,3日中には、電話かメールで回答があります。もし属性に何の問題もなく、審査に通過すれば、間もなくキャッシング会社から融資許可が下り、利用者の所有銀行口座にそのまま、融資希望額が現金で振り込まれるシステムになっています。

 

ネットキャッシングで即日融資を希望した場合は、平日午後までに審査・在籍確認・契約内容の確認を双方で済ませる事ができれば、その日のうちに融資が実行されます。万一審査途中で問題が発覚した場合や、午後からの申込みであれば、即日融資の受付時間を大幅に過ぎる可能性が考えられるので、次の日の振込みに持ち越されます。

 

ネットキャッシングのメリットは、何と言っても、キャッシングカードを直接受け取らなくとも、自身のインターネットバンク口座を利用して自由に融資を受けたり、返済できる点です。言い換えると、わざわざ外出しなくても、人目に晒されずに自宅でそのままキャッシング取引できます。

 

以前は、ネット上の取引は犯罪の横行でずっとリスキーとされていましたが、最近は、個人情報漏洩防止の強化も各会社で万全にされています。ですので、各手続きの申し込み画面には必ず暗証化技術(SSL)システムを反映させており、安全第一に申し込めるようになっています。

 

またネットキャッシングでしたら、直接店頭や金融機関・コンビニエンスストアのATMまで出向いて取引するより、手数料無料で利用できる会社が多いので、無駄なコストを抑えたい人にも便利です。

カードローンやキャッシングは誰でも利用できるため、非常に便利なローンだと言えます。しかし利便性が高く便利という反面、使いすぎてしまい返済に困っていると言う人も後を絶たないと言われています。特に問題となっているのが多重債務者と呼ばれる人たちで、数社から借り入れを繰り返してしまい結果的にどこにも返済が出来なくなってしまうと言う状態のことを指します。

 

多重債務に陥る典型的なパターンが、これくらいなら大丈夫だろうという軽い気持ちでどんどんカードローンやキャッシングを利用してしまうパターンです。気が付けばかなりの額を利用してしまい、返済が出来ないため他の消費者金融などで新しいカードローンの契約を行い、そちらで借りたお金で返済をする。

 

しかしそうなると新たに借りた業者の返済が出来ないため、また新しくカードローンを作り返済する、この繰り返しで多重債務となってしまうわけです。

 

返済すれば枠が少しだけ空くため、その枠をまた借りて他の返済に回す、すると返済した業者の枠がまた空くため、それを利用して他の業者へ返すといった具合に、この状態に陥るといつまでたってもどの業者の元本は全く減らず、支払いを続けざる負えない状態になっていきます。もちろん金利は少しずつ増えていきますから、結果手金い支払いが出来ないという所まで追い込まれてしまう場合がほとんどでしょう。

 

このような状態にならないためには、幾ら便利だからと言っても使いすぎないようにすることが必要不可欠だと言えます。計画性無く借りてしまうといつの間にか借入額が大きく膨らんでいると言うことになりますから、必要な金額だけ借りて、返済計画をしっかり立てて返済をしていくと言うことが重要になります。

 

返済が長引けばそれだけ金利の支払いも増えてしまいますから、出来るだけ早く返済を終えることも大切でしょう。

 

もちろん生活に支障が出る様な返済計画は全く意味が無いので、出来る範囲で返済を行なえば良いと思います。一番大事なことは、必要ないなら借りないこと、それに尽きるのではないでしょうか。

カードローンやキャッシングを利用する場合、使用用途は何に使っても良いものなのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。通常、ローンというものは車を購入するためには車専用のローン、家を買うためなら住宅ローンというように、使用する用途が決められたものがほとんどです。

 

クレジットカードを利用して商品を購入した場合でも、その商品を買うためにしかカードのローンは利用できません。もし違うものを購入してローンが組めるのであれば嘘のローンが組み放題になってしまいますから原則としてローンを利用する場合は使用目的以外には利用できない仕組みになっています。

 

しかしカードローンやキャッシングのようなフリーローンと呼ばれる商品は、基本的に使用用途を特定する必要がありません。借りたお金は自由に何に使っても良い著言うのがフリーローンの特徴だと言えます。

 

申し込みに際にも特に何に使うか聞かれることはありませんが、金融業者の中には使用目的を聞いてくる業者もあります。銀行系のカードローンなどは一応使用目的を簡単に聞くことが多いようです。

 

何に使っても良いフリーローンですが、明らかに犯罪目的で利用する恐れがある場合や、今からパチンコに行くからお金を貸してほしいと言った理由の場合には、金融業者の判断で利用出来ない可能性もあります。

 

それと他社の借り入れがあり、それを支払うためにお金を貸してほしいといった理由の場合には、基本的に申し込みを拒否されてしまう可能性があります。他社への返済のために利用することは、借り換えと同じ行為となるため、金融業者側は借り換えローンを勧めてくる可能性が極めた高いからです。

 

基本的に借り換え目的での利用は出来ない仕組みとなっていますし、他社への支払いのために借りるのであれば借り換えローンを利用したほうが金利も安くなるため、わざわざフリーローンを利用する必要もありません。

 

何にでも利用できますが、一般常識と照らし合わせたうえで利用する必要があるでしょう。

消費者金融のカードローンに申込むと必ず審査を受けることになりますが、その審査の時の重要な判断材料になるのが「信用情報」です。信用情報というのはその名の通り、利用者の信用面における情報ということであり、利用者の個人情報や借入履歴など、消費者金融にとっては利用者と信用取引をする上で必要不可欠な情報と言えます。

 

信用情報には主に3つあり、申込書に記載する生年月日や年収、住所、勤務先、電話番号、家族構成などの「属性情報」、契約の種類や利用限度額、借入額、返済額、引き落とし口座などの「契約情報」、借入残高、返済状況などの「取引情報」です。

 

そして、消費者金融が得た情報や行った取引の記録などの信用情報を一元的に管理しているのが「指定信用情報機関」です。指定信用情報機関というのは、貸金業法による総量規制が実施されたことに伴い、信用情報の適切な管理と貸金業者間における信用情報の共有を目的として設立された機関のことです。

 

総量規制を徹底させるために、消費者金融は利用者から借入の申込を受けた際には必ず指定信用情報機関から利用者の信用情報を照会することが義務付けられており、それによって、年収制限額以上の貸出や返済不能者への貸出が防止できるようになっています。

 

実は、信用情報機関というのは過去にも存在していましたが、業者の加盟が任意になっていたり、信用情報機関同士での情報の交流が無かったりしたために、利用者の信用情報が消費者金融の間で把握でき得ていない面が多々ありました。

 

しかし現在では、指定信用情報機関制度によってすべての貸金業者の指定信用情報機関への加盟が義務化され、すべての利用者の借入記録が指定信用情報機関に登録されるシステムになり、また、指定信用情報機関同士による定期的な信用情報の交流が図られています。

 

ちなみに、利用者におけるブラックリストや、カードの紛失記録などの情報は、銀行の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターにも流されています。

初めてキャッシングをする際に気になる事と言えば、「法外な利息を取られたりしないか」や「怖い人が家に来たりしないか」と言ったネガティブな内容だ多いと思います。確かにそのようなことは気になりますし、むしろ十分に気にしておく必要があるポイントでもあります。しかし、安心してください。現状、ほとんどの消費者金融(登録されている範囲)を利用した場合にはそのような不安を抱える必要はまずありません。

 

未登録の貸金業者(ヤミ金など)や、ごく一部の小規模貸金業者の中には違法な取り立てを行ってくる可能性のある消費者金融があるかもしれませんが、万が一、違法な請求や取り立てに遭った場合には、専門機関や警察に相談することで迅速に対応してもらうことが出来ます。

 

現在は貸金業法などによって、取り立てや金利などに関して非常に厳しく規制されています。以前はこのような規制が甘く、多くの問題となり連日メディアで報道されるような状況になったこともありましたが、その影響もあり現在では非常に厳しい規制が行われているため違法行為をする業者はまずいなくなりました。

 

大手の消費者金融を利用するとすると、まずそのような心配は必要ないと言えます。前述の通り、様々な規制が強化されたことにより各消費者金融は顧客獲得に躍起になっています。

 

また、それまでの利用者に対してもより手厚いサービスを提供することを目指しています。そのような状況で法律違反・規制違反をしてしまうと評価が下がるばかりでなく、営業停止などの処罰を受けることにもなるため細心の注意を払っているのが実情です。過去は違ったにしても、今現在は貸す側(消費者金融)よりも借りる側の方が優位にある状況ですので、安心してキャッシングを利用しても大丈夫です。

 

ただし、何も知らずに利用してしまっては大きなトラブルの原因(返済不能・債務整理など)となる可能性があるため、必要最低限度の知識に関しては調べるなりで知っておいた方が良いでしょう。